2019年10月23日水曜日

セカンド・オピニオンについて


他院通院中の方で、セカンドオピニンを求められて受診されるかたが、時々いらっしゃいます。

せっかくお越しいただくので、誠意を持って、医学的知見に基づいて、アドバイスを行うようにしています。

ただ多くの場合、前の先生の治療で、十分に対応がなされていたり、しっかりとした治療がなされているケースがほとんどで、通院先の治療を継続するのが最も良いことが多く、そのようにアドバイスを行うことが多いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

2019年10月10日木曜日

精神的なショックに対しての治療があります。

今年の7月頃から、新患の方がとても増えまして、先月も多くの新患の方が見えられました。

一人一人の方に、医学的見地に基づいて、アドバイスを行なっております。

時々、精神的なショックを受けて、抑うつ、不安が増悪し、来院される方がいます。

理由は様々で、上司や同僚からのパワハラ、親族のご不幸、パートナーの不貞など、とてもおつらいショッキングなことで見えられます。

ショッキングな事態が起きた直後は、ひどい抑うつ、不安を感じてしまいますが、そのような時に、早めに心療内科に受診することによって、悪い時の状態を緩和し、その後のトラウマ的に残ってしまう症状も予防することが可能かと思います。

実際に、早期に受診することで、冷静さを取り戻すことができ、その後の経過も良くなって行ったケースがたくさんございます。

あまり我慢をされないで、早めのご受診が良いと思います。

菊池


2019年9月25日水曜日

お薬の減量について

お薬の減量については、
ご病気によって、判断は様々です。

うつ状態、うつ病について簡単にまとめると、

すっかり良い状態が1年以上続いたら減量する
一回の減量で1錠ずつ行い、3ヶ月ごとに1錠ずつ減らしていく、

という感じですが、

すっかり良い状態が1年以上続いた後に、減量していき、中止した後でも、
3割の方は再発する、と言われています。

もし再発した場合は、その後お薬を再開し、その後は、中止せずに継続していったほうが、よいと考えられます。

また、すっかり良い状態が1年以上続いていても、
ストレスに弱い方は、薬を減量しないほうが良い場合が多いです。

お薬の減量には難しい判断を要しますので、
常にそのことを考えながら治療をしている、というスタンスを当院はとっています。

何卒よろしくお願い申し上げます。

菊池

2019年9月11日水曜日

子連れの方はお待たせしないようにしています。

きくちメンタルクリニックでは、
子連れの患者さんは、お待たせしないように、早くおよびするようにしております。

子連れに患者さんには、受付で、確認し、菊池に伝わるようになっており、
なるべく早くおよびするようにしております。

何卒よろしくお願い申し上げます。

菊池

2019年8月28日水曜日

当院の治療の流れについて

きくちメンタルクリニックでは、
カウンセリング、デイケア、訪問看護なども行なっています。

通常は、医師の診察、内服処方などの治療となります。

十分な時間をとって、お話を伺う必要がある場合、カウンセリングをお勧めしています。

また、社会復帰、家で一人でいる時間が多い、など、リハビリを要する場合は、デイケアをお勧めしています。

また、ご自宅に伺い、療養相談が必要な場合、訪問看護も行なっております。

何卒よろしくお願い申し上げます。

2019年7月24日水曜日

発達障害の診断が可能です。

こんにちわ。

当院には、自分が発達障害ではないか?と心配して、来られる方々も沢山いらっしゃいます。

当院では、発達障害の検査、診断に精通した、臨床心理士がいますので、
検査を行い、医師と臨床心理士で、検討を行い、
診断を行なっています。

発達障害についての、心理テストや、それが可能な臨床心理士のいるクリニックは、多くないと思います。

もしご希望ありましたら、お気軽に受診してください。

菊池

2019年7月17日水曜日

当院の薬物療法について

こんにちわ

当院では、うつの方の患者さんにお薬をお出しするときには、

日本うつ病学会のガイドラインにのっとて、お出ししています。

そのガイドラインは、うつの治療で、もっとも効果的とされている治療方法です。

初回の投与は、少量から、強くない薬を投与することはもちろんのこと、
お薬のやめかたについても、1年間状態がおちついていれば、減薬も考慮にいれる、

という、心療内科の薬物療法では、当たり前のことが記載されているガイドラインです。

お薬について不安を感じる方がいらっしゃると思いますが、
当院では、うつ病学会のガイドラインにそって、安全かつ、効果的な治療法を行なっておりますので、どうぞご安心ください。

菊池